アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「儲かる」のブログ記事

みんなの「儲かる」ブログ


チョコレート

2008/02/11 03:44
チョコレートの原料はカカオの木の実、カカオ豆。

このカカオ豆からさらに外皮と胚芽を取り除いた胚乳(カカオニブ)からチョコができるんです。

古代メキシコでは羽毛のある蛇の姿をした神からチョコを与えられたと信じられ神の食べ物

とされていたよ。

カカオ豆の粉末にとうもろこしやコショウを加えて煮、バニラの香りを付けた飲み物が最初の

チョコの姿、ショコラトールと呼ばれてました。

スペインの貴族コルテスがアステカで初めてチョコを知り1528年他の略奪物と一緒にカカオ

をスペインに持ち帰りました。

史上最高のチョコレート愛好者はアステカ王、モンテマス!黄金のゴブレットで毎日50杯以上

のチョコドリンクを飲んでいて他の物は飲まなかったらしい?

皆さんも聞いた事があるかもしれない名前、ヴァンホーテン!1928年チョコから脂肪分を

分離させる発明をした方です。それにより苦さとくどさの不満が解決して現在の味になった

わけです。1847年に板チョコが発明されました?それまでは飲むチョコが当たり前でした。

(レリーフチョコ)顔写真を送るとそっくりのチョコを制作してくれる会社が米国にあります。

日本でも今の時期それやれば、メガヒットまちがいなしデス(^o^)丿

西インド諸島マルチェニク島のある議員はチョコとビスケットだけしか食べないで100歳まで

生きたそうです(;O;)

かのナポレオンもチョコさえあれば他の食物はいらない!と言って遠征には必ず持参したそう

な(・_・)

日本でのチョコの広告は明治10年米津風月堂が出した広告が最初と言われてます。

チョコを初めて飲んだ日本人は伊達政宗の家臣、支倉六衛門常長が1617年薬用として

チョコを味わったと言われてます。

初めて食べたのは岩倉具視!明治6年フランスで食したそうです。

チョコの表面に出る白いカビはココアバターの結晶でほんとはカビではありません。ブルーム

現象と呼ばれてます。

バレンタインデーにチョコがもらえないアナタ!女などいらねー、金さえあればよい!

というアナタにお勧めはこちら↓



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2


トップへ | みんなの「儲かる」ブログ

噂の情報館 儲かるのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる